DQX『喫茶ワーテルロー腹黒ブログ』

ドラクエXのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

踊る女・ドラクエ怪談

こんばんは、ワーテルローです。
バルコニーで怪談を
じつは このヒゲ、オカルトメガネなんです。

夜もすっかり涼しくなって、今年の秋の詩人は いつもより少し早めにやって来たように感じます。

皆さま、今年の夏は楽しんで過ごせたでしょうか?

不満を募らせた方も満足に尽きるという方も、どうか、お楽しみ頂けたらと思います。

そう、
今年の夏の〆にドラクエ怪談をお届けします!

さてさて、
皆さまはアイドルポーズをお取りには、なられたでしょうか?

八月の半ばにあった大討伐イベントの報酬ですね。

今回の怪談は、
ほんのちょっぴり、それにまつわる話でございます・・・

では、


ドラクエ怪談 第三夜
踊る女


このお話は、私が直接 体験した奇妙な話の一つなのですが、

あれは確か八月のことでした。
深夜のアズラン駅に行ってたんですね。

真夜中だから、お客さんもあまりいないんだ。
広いホームにポツリポツリと人がいて、時間も時間ですからね。みんな疲れた表情をしていましたね。

私もその中の一人で、あの時は くたびれていました。
特に何をするでなく箱舟の来るのを待ちながら、ぼんやりとホームの様子を眺めていたんです。

そしたらね。

駅のホームにね。
これまたキレイな女の人がいたんですよー

その人、
やっぱり疲れてたんでしょうね。
うなだれたまま、ピクリとも動こうとしないんだ。

踊る女 1

あんなにキレイな人に出くわすのも珍しいことなのでね。
私はチラチラとことある毎に その人の方に目線を向けていたんですよ。

でも、その人
何回見ても、うなだれた格好のまま、動く気配がないんです。

踊る女 2

また私はボンヤリと別の場所に目線を移してね、自然と最後はその女の人の方をチラリと眺めるワケだ。

するとー、
なんだか さっきと様子が違ってる。

その女の人、
いきなり『ふしぎなおどり』を踊り始めたんですよ。

踊る女 3
踊る女 4


それを見た私は、
最初は酔っ払っているのかなー
なんて考えて、その人を見てたんです。

やっぱりキレイな人ですからねー
キレイな人の ふしぎなおどり なんて滅多に見られるものじゃない。

踊る女 5

でもね、
なんだか、

踊る女 6

様子がおかしいんです。

踊る女 7

その女の人、
一向に踊りをやめようとしないんだ。

普通に酔っ払って、気分がいいだけの人なら、疲れたら すぐやめちゃいますよね?

踊る女 8
踊る女 9

でもね、
やめないんですよ。

足なんか挫いちゃってるし、手もね、壁にぶつけて あらぬ方に向いちゃってる。

これは どう見ても普通じゃない

そう判断した私は駅員さんの方を見たんですよ。

駅員さんもね、ただならぬ事態に気付いてた。

踊る女 10


私は駅員さんに目配せをしてね。二人で女の人に近づこうとした時・・・



「その女に近付いちゃいけない!」

大きな声がしたんで、
声のした方を見たらね。駅の入り口のところに

黒ぶちに四角いメガネをかけた真っ青な顔の若者がいたんですね。

どうやら、さっきの言葉は その青年が叫んだようだ。

もう、わたしも何がなんだかワケが分からなくなって、その青年のところに走って行ったんですよ。

半ばパニックに こう青年に詰め寄ったらしいんです。

ここはあまり私自身、記憶がおぼろげなところなのですが・・・

「あなたは何を言っているんですか?早くあの人の踊りをやめさせないと大変なことになりますよ!」

すると、
青年は相変わらず青白い顔でこう答えたんです。


「踊りですって?」

「あれは ふしぎなおどり なんかじゃないですよ!」

「あなたには見えないんですか?」

「あの女の身体中に無数の白い手がまとわりついて、引っ張りあっているのを!



すると、その青年がさらに驚いた顔をしたので私も振り向いて女の方を見たのです。


反転ワーテルロー



その女ね、


いなくなってたんですよ


その後、
駅員総出で探したらしいのですが、結局 その夜、女は見つからなかったそうです。

はい・・・


え、その女ですか?

見つかったそうです


翌日のエルトナ新聞に小さな記事が載ってたのですがね。

スイゼン湿原でね、
それは、もう 無惨な姿だったらしいですよ・・・

それで、その女の死体が見つかった場所なんですけどね、

ある魔物の群生地だったそうです。

そして、そのエルトナ新聞の日付がね、
2013年の8月26日だったんです。


分かります?
大討伐イベントのクリア報酬が配られた日だったんですね〜

そのことに気付いて、私 思ったんです。

女を引っ張っていたという
無数の白い手はね・・・



マッドフィンガーの霊だったんじゃないか・・・って


マッドフィンガー
冒険者たちによって多くのマッドフィンガーが命を落としたと聞きます。






いかがでしたか?
この怪談は、大討伐達成で沸き立つ8月18日にツイッターで つぶやいたのをアレンジしたものです。

即興だったので雑な部分もありますけれど、
楽しんでは頂けたでしょうか?

踊っているのを写真で撮るのは難しいですね。

ではでは、
最後に今回記事の踊る女役を引き受けて下さった

アピャさんに感謝しつつ、
当記事を締めたいと思います。

では、また
ごきげんよう!

アピャさんと私
髪色、髪型に加え、目の色まで変えて下さったアピャさんとアイドルポーズを


人気ブログランキングへ
喫茶ワーテルロー、
当ブログはドラクエ界のアサヤン、もしくはイカ天を自称する。
女優アピャさんが これから成功することを祈って・・・

風の町アズラン1815丁目
のどかな農村エリア6番地
喫茶ワーテルロー

ツイッターも どうぞ、よろしく
店主ワーテルロー / @azran1815
ボケたり都々逸したり怪談してます。
スポンサーサイト
  1. 2013/08/29(木) 00:44:07|
  2. ドラクエ怪談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<九月九日・冒険日誌イベント | ホーム | ワーテルローの酒場生活>>

コメント

女優さんの髪や目の色なんかが怪談ぽくて雰囲気でてますね~!!
マッドフィンガーとは思いつかなかった…
  1. 2013/08/29(木) 11:34:17 |
  2. URL |
  3. あげは #-
  4. [ 編集 ]

いなじゅんwwwww

完全に稲川さんの声で
読んでしまいましたwww

やっぱ真っ黒アフロの魚じゃ
こんな雰囲気にはならないw

アピャさんで大正解だー!
  1. 2013/08/30(金) 07:09:13 |
  2. URL |
  3. Ury #-
  4. [ 編集 ]

あげは さま>

全然、関係ないんですけど
マッドフィンガーとかマドハンドって『舟幽霊』に似てますよね〜

あの柄杓で舟に水を入れてくる奴です。

はい、
全然、関係ないんですけどね
  1. 2013/09/03(火) 07:20:02 |
  2. URL |
  3. 店主ワーテルロー #-
  4. [ 編集 ]

姐さん >

いやいや、黒アフロならば、また一味違ったものが見られたかも知れませんよ〜

おお!
見破られてましたか、
そうなんです。今回記事は稲川淳二 大先生の怪談をYouTubeで聞きながら書いたのです。

やはり影響とは、出るものなんですね〜
  1. 2013/09/03(火) 07:25:10 |
  2. URL |
  3. 店主ワーテルロー #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://azran1815.blog.fc2.com/tb.php/94-ec08b5a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。