DQX『喫茶ワーテルロー腹黒ブログ』

ドラクエXのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

喫茶 平日営業日誌

どうも、こんにちは。
ワーテルローです。

特に これと言ってネタも無いのですが、皆さん いかが お過ごしでしょうか?

最近、喫茶店の内装を少しばかし模様替えしたので紹介します。

シルバニア ファミリー感覚でご覧下さいませ

まず、入り口から向かって右にカウンターを移動しました。
喫茶 内装1


入り口から見たら、こんな感じになります。
喫茶 内装2


入り口横のスライムチャイムから壁沿いに・・
喫茶 内装3
テーブル席。ここは変わっていません。

カウンター席の奥側にはミニ シアターを作りました。
喫茶 内装4


座席に座ってみましょう・・
喫茶 内装5
喫茶 内装6
自分以外も楽しめれるようになれば、いいのですがね。

映写機については、
今後のバージョンアップに期待ですね。

さてさて、
オチといっては なんですが、
現在、イベントの真っ最中である七夕の里。

我が喫茶の給仕ウォタルーことワテ子が そこで短冊を飾ったそうです。
ワテ子、ブランコに座る。
今回記事はその短冊を覗き見て、お別れとしましょう。

それがこの短冊☟


星に願いを ワテ子 編
達観したワテ子と一般的 他プレイヤーとのギャップをお楽しみ下さい。

では、また!


人気ブログランキングへ
喫茶ワーテルロー、願う。
「タンス奥のエルトナスイセン
高騰する日が来ますように」

風の町アズラン1815丁目
のどかな農村エリア6番地
喫茶ワーテルロー
スポンサーサイト
  1. 2013/06/25(火) 12:33:03|
  2. 店紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

『あれの怨念』・ドラクエ小話

《口上》
和亜亭 流路
こんばんは、和亜亭 流路でございます。
今回は いつもと趣きを変えてお送りいたします。
粗末な前口上ではございますが、よろしくお願いします。

はてさて、これから始まる小話ですが、これは田辺貞之助 著の『江戸小話傑作集』に収録された一話「怨念」をサンプリングしてドラクエX風 小話にしたものでございます。

この話のオチについてですが、その分野への興味、知識がない人には さっぱり分からないと思います。成人してそのような人はまずいないと思いますがね。

ネタバレになりますので、多くは語りませんが、
本来、アストルティアでは そのような使い方をしないので、想像力を働かせてもらえば、と だけ言っておきましょう。

さて、怪談の流れで展開する今回の小話。
オチを読み、男性陣には大いに笑ってもらい、女性陣にはギクリとして頂ければ、私としては感無量でございます。





エルフの娘が嫁入りしました。
皆から祝福された結婚だったそうです。

ある夜、嫁ぎ先の御屋敷の縁側で娘が繕い物をしていると、
夜の庭先
庭先から不気味な声がしました。

「いんばいな女め!」

「おれという存在を裏切って」

「違う男のもとに嫁に行きやがって!」


それを聞いた亭主が嫁に問い詰めたが、どうも身に覚えがないらしい。

そこで明る晩に亭主は
不気味な声の正体を見極めようと庭の木の影に身を潜め、待ち伏せました。

そして、不気味な声が聞こえると、
その声のする暗闇に向かって、剣を振りました。

すると・・・・


「ギャアアアアアアア!」

不気味な悲鳴が御屋敷中に響きました。

亭主が声のしたところを明かりで照らすと、
そこには血が滴っていました。

声の主らしき亡骸はありません。

見ると、血の痕が道の方へ続いています。

亭主は剣を抜いたまま、夜の往来に出ました。

血は点々と続いています。

それを辿ると、やがて嫁の里に着きました。

抜き身を携えた亭主の姿を見るや、
嫁の両親は大変 驚いて、震え上がりました。

血は嫁の部屋に続いていました。

丁寧に片付けられた今は使われていない部屋のふすまの前まで血の痕が続いていました。

ここに何者かがいる!

そう思った亭主は剣を今一度 強く握りしめ、

勢いよく ふすまを開けました。

しかし、そこにはよく整理された箱々が並ぶばかり、
よくよく見ると その中の一つの箱に血が続いています。

亭主が その箱を開けて見ると、





真っ二つに切られた げんこつダケがそこにありました。


不気味な声の主は げんこつダケだったのです。


人気ブログランキングへ
喫茶ワーテルロー、
なめこブームに下ネタで あやかりました。

風の町アズラン1815丁目
のどかな農村エリア6番地
喫茶ワーテルロー
  1. 2013/06/21(金) 01:55:34|
  2. ドラクエ小話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

リビングデッド・ナイト鬼ごっこ

いつもは閑散とした我が喫茶店ですが、あの夜は やたらと、にぎやかでした。

そう、我がチーム
『パトロン=ミネット』

チームイベントを行ったのでした。

内容は鬼ごっこ大会!
パトロン=ミネット 集合写真
総勢13名の参加となりました。
前列 右から
ハーデスさん、私・ワーテルロー、エイイチーダさん、なかつじょうさん、ともーらさん、ガレさん、みなすけさん
後列 右から
ブラさん、ジョージさん、アミさん、頭目はちけん、アピャさん、マヤさん


集合場所に我が喫茶ワーテルローが選ばれたこともあり、
接客の心得
店主、私・ワーテルローは終始、おねだりのしぐさを続けていました。

チーム面子が一堂に会するのは、おそらくはじめてのこと。

店内は白チャットが飛び交い、記念撮影する人も・・
賑やかな店内
記念撮影する面子を見守る頭目はちけん と私・ワーテルロー

それにしても、
楽しいものですね。

普段、多くて三人くらいしか お客の来ない我が喫茶店。

新鮮な気持ちで一杯になりました。
一同を見守る店主
一同を密かに見守る店主

さてさて、
時間も訪れ、頭目がルール説明を始めます。


ルールはコチラ☟
増え鬼
全員おにごっこキャップを装備。
鬼(帽子赤)が にげる人(帽子青)を追う。鬼に捕まった(いいね された)者は鬼になり、その中を10分間 逃げ切った人が優勝。つまり時間いっぱい帽子の色を青でキープした人が優勝。全員、捕まったら仕切り直し

・場所は風の街アズラン
(建物内は禁止)
・制限時間は10分
・優勝者には賞品あり

喫茶店から町への移動。
移動中
普段はひと気の少ない この1815丁目。中々、爽快な景色です。


鬼が鬼を呼ぶ、別名"ゾンビ鬼"の名で有名な増え鬼ルール。

場所もアズラン教会前に移り、
頭目はちけん、ガレキング両氏が鬼になりスタート。

2013年6月16日 日曜の22時、
35サーバーで繰り広げられる仁義なき鬼ごっこ。

もちろん私も参戦。

全国ちびっ子鬼ごっこ選手権 小学生の部 堂々の六年連続優勝というタルルートくんの原子 力も真っ青な経歴を持つ私。

私の作戦は完璧だった。



これで見つかる筈はない
完璧すぎる隠蔽術
これぞ完璧なまでの隠蔽術!
実は既に見つかっていたのですがね・・



結果、
優勝はジョージさん
image_20130617025231.jpg
彼は見事に10分間、逃げ切ったのだ。

最後に彼を追い詰めたアピャさんは言う。

アピャさん
まだ実装されてない職人ギルド前で見つけて、いいね しようと思ったら
門番の人に話し掛けちゃって逃げられた。


とのことである。
何はともあれジョージさん

優勝おめでとうございます!
祝福の拍手
喫茶店前に戻り、皆で祝福の拍手。
この時に頭目から賞品が渡された。

おめでたい雰囲気の中、
盛り上がる一同を静かに見つめる私とハーデスさん。
たそがれる二人
バルコニースペースの庭具も整えておかなければ・・

そして最後に記念撮影をして、
今回の催し物はフィナーレを迎えました。
パトロン=ミネット 集合写真 ユニフォーム
みなすけ氏のアルバムから拝借しました。

御参加 下さったチームの皆様、
賞金を提供してくれた みなすけ氏
そして催し物を企画し準備してくれた
頭目、ガレさん、ブラさん

お疲れ様でした。


さいごに・・
私がLINE上で展開、
見事に皆からスカんを食らったネタをもって、今回記事を締めましょう。

それがコチラ☟
ある日の寸劇

では、また!


人気ブログランキングへ
喫茶ワーテルロー、店主の一言。
チームの集合写真、「犬神家の一族」ぽくて個人的に気に入っております。

風の町アズラン1815丁目
のどかな農村エリア6番地
喫茶ワーテルロー
  1. 2013/06/17(月) 03:41:41|
  2. チーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

店主ワーテルローは静かに暮らしたい

こんばんは、ワーテルローです。
ワーテルローは静かに暮らしたい
何を隠そう私のモットーは目立たず、飛び出ず、見せ付けず。
それはもう、ずっと昔から続けていることでした。

作文コンテスト然り、マラソン大会 然り、
結果はいつも準優勝。そう、トップに立って目立たないように配慮した結果でした。

それはアストルティアでも然り、
『ワーテルローは静かに暮らしたい』
それさえ守れたら いいのです。

つい先日、細々と集めた貯金が15万ゴールドになったのを確認していたときでした。

青天の霹靂、フレンドチャットが飛んできたのです。


はちけん
頭目格 はちけん
「アトラスいくぞ」


!?

その瞬間、青いイナズマが僕を攻めました。心、体、焼き尽くす程の!
青いイナズマといってもブルーイーターは関係ございません。

それから、
とんとん拍子に話は進み、
討伐の四人
いつもの四人でのアトラス討伐が決まりました。
前列・向かって右から
ブランキ〜
ガレキング
私・ワーテルロー
後列
頭目・はちけん


そしてアトラス討伐の記事は今回で四つ目。
一応、興味があるならばコチラから☟
ワン・ミニッツ・キル

予習、復讐 わすれずに。

ワンコイン破産



頭目が立て替えてアトラスのコインを購入


頭目・はちけん
頭目格 はちけん
「ひとり35000Gな」


『ワーテルローは静かに暮らしたい』

さぁ、迷宮に乗り込みました。

そこでなんと隠し階
はぐれメタルの登場でした。

しかし、頭目とブラさんのレベルはカンスト。
ここでブラさんから秀逸な一言を頂きました。

それがコチラ☟


ブランキ〜
ブランキ〜 僧侶
「kうぃkwんちが・・」


頭目・はちけん
頭目格 はちけん
「ないw特訓にもならないw」



さて、遂に決戦です。
何度目かのアトラス
主な戦闘内容は端折りましょう。

本日、一回目
一回目
まほうのせいすい×3
かかった費用 ひとり35000G

本日、二回目
二回目
まほうのせいすい×3
かかった費用 一人70000G

本日、三回目
三回目
まほうのせいすい×3
かかった費用 一人105000G



満身創痍の四人
ダレる
果たしてバトルチョーカーなるものは存在するのか!?

そして・・・

そして・・・

そして・・・

本日、四回目の挑戦
四回目の奇跡1
バトルチョーカー
かかった費用 一人140000G


出ました。

感動のために宝箱前から移動しないメンバーたち
四回目の奇跡2
思わず泣き出したブラさんに歩み寄るガレさん。

頭目は・・んん?
四回目の奇跡3

「リーダー?」
四回目の奇跡4
ガレさんが声を掛けるも動かない。

!?

まさか・・頭目・・


立ったまま 果てている・・!

はちけん、昇天。
はちけん昇天
「我が人生に一片の悔いなし」
ここに一人の男の物語が幕を閉じる・・
と、一人で勝手に盛り上がっていると、


ブルブルブ!
リアル世界の携帯電話が激しく震えた。

あの夜の記録0
LINEに挙げてただけか〜い!


頭目・はちけん
頭目格 はちけん
「もう動いていい?」>ワーテルロー


写真 、
撮ってるのバレてたんか〜い!!



その後・・
バズズにも行きました。
あの夜の記録

つまり、
そういうことです。
一度、ツインクローで全滅しましたけどね。



只今のコインボス結果

アトラス 5勝
バズズ 5勝
ベリアル 1勝
悪霊の神々 0勝

獲得報酬:まほうのせいすい×27
バトルチョーカー×1
ソーサリーリング×1



欲望に際限など存在せず、
あと10個はバトルチョーカーが欲しい!



人気ブログランキングへ
喫茶ワーテルローは、
内海賢二さんのご冥福をお祈りいたします。

風の町アズラン1815丁目
のどかな農村エリア6番地
喫茶ワーテルロー
  1. 2013/06/14(金) 20:00:09|
  2. ボス攻略
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

異年齢コミュニケーション

数少ない我がブログの読者の方々よ 覚えているだろうか?

過去、数度に渡り私を悩ませたトリックスターの存在を・・・

そう、
ひろぼう(仮名)
ひろぼう(仮名)である。

私はこれまで、何度か彼についての記事を残してきた。

今回のそれは、彼・ひろぼう(仮名)について、確信に迫ったものである。

彼について邂逅篇はコチラから☟
九月の物見遊山(ランガーオ村)・まとめ

邂逅篇から一週間後の出来事はコチラから☟
キッズタイム・モンスター [前半]

キッズタイム・モンスター [後半]




さて、
時は遡ること、昨年 2012年の10月のことである。

ある平日の朝だった。
リアル世界でのお勤めが休みであったあの日、私は夜中の仲間たちとの冒険を経て一人、カミハルムイ領南にて、ピンクモーモン狩りに勤しんでいた。
ピンクモーモン狩り
まだ大型VU以前の話しである。

午前6時頃、
唐突なフレンドチャットが何の前触れもなしに入ってきたのだ。






ひろぼう(仮名)
オーガ・男
「ああああああああああああああああ!」


!?

急な出来事に私の脳内は一瞬、フリーズしたのであった。


普段の私ならば、馬鹿正直に何の御用でしょう?と答えていただろう。

しかし、夜通しアストルティアを駆けずり回り、明けた朝のことである。

私は幾分かナチュラル・ハイな状態になっていたのかもしれない。


しばらく何も返さずにいると、またフレンドチャットが入ってきた。


ひろぼう(仮名)
オーガ・男
「ああああああああああああああああ!」

それを紐きりにナチュラル・ハイな私も返した。


私・ワーテルロー
私・ワーテルロー
「ぬぉおうぉうぉうぉうぉおおおお!」


すると・・・


ひろぼう(仮名)
オーガ・男
「ああああああああああああああああ!」


私・ワーテルロー
私・ワーテルロー
「あびあばああびびあびぶぼぉぁあ!」


ひろぼう(仮名)
オーガ・男
「ああああああああああああああああ!」


断言しよう!
これはれっきとした対話である!


私・ワーテルロー
私・ワーテルロー
「ぐぎ・・ぐぎぎ!ぐぎ!ムスビ!!」


ひろぼう(仮名)
オーガ・男
「ああああああああああああああああ!」


しばらく、このようなやり取りが続いただろう。
私はこの異様な対話にある種の不思議な高揚感を覚えていた。

そして、おそらくこの対話のピークに達した時である。


ひろぼう(仮名)
オーガ・男
「ああああああああああああああああ!」


私・ワーテルロー
私・ワーテルロー
「ちぇ!!げばら!!!!」

ひろぼう(仮名)
オーガ・男
「年いくつ?」

!?

なんと ひろぼう(仮名)がまともな言葉を発したのである。
私はナチュラル・ハイの幻妖から一気に覚醒する感覚を覚えた。


私・ワーテルロー
私・ワーテルロー
「27歳」


ひろぼう(仮名)
オーガ・男
「年上だw」

「おれ小5」

「11才」



ほほう・・
んんん!?

覚えているだろうか?
ひろぼう(仮名)
ひろぼう(仮名)は小5だったのだ。
ようやく前回記事のタイトル「キッズタイム・モンスター」の伏線を回収といったところ。

私の中での奴の肩書きが
『得体のしれないアブナイ奴』から『自称 小5』に変わった。

すると私の指先と思考がスムーズにリンクを始めた。


私・ワーテルロー
私・ワーテルロー
「ほほう・・・」


ひろぼう(仮名)
オーガ・男
「早いね」

「何時からやってんの?」



私・ワーテルロー
私・ワーテルロー
「昨日の夜からw」

「まだ寝ていないw」



ひろぼう(仮名)
オーガ・男
「アホだ」


小5にアホだと言われたところで痛くも痒くもない。私は続ける。


私・ワーテルロー
私・ワーテルロー
「こんな平日の朝っぱらからテレビゲームをしてる」

「私のような大人には・・なるなよ!」



しばらく奴のチャットが止んだ。
それは ほんの30秒程度のことだろう。


ひろぼう(仮名)
オーガ・男
「バ〜カ」


小5にバカと言われたところで痛くも痒くもない。私は続ける。


私・ワーテルロー
私・ワーテルロー
「小学生だったら」

「運動会の練習をしてるんじゃないの?」



奴は答える。


ひろぼう(仮名)
オーガ・男
「SITERUYO」


何故、ここで変換しなかったのかは私には分からない。私は続ける。


私・ワーテルロー
私・ワーテルロー
「何を踊るんだい?五年生は」

「AKBあたりだろう?」



ひろぼう(仮名)
オーガ・男
「バーカ」


さっきも言ったが小5にバカと言われようが痛くも痒くもない。

私は続ける。


軽快にキーボードを打ち込むと・・

ブブー!
ひろぼう(仮名)ログアウト



・・・・・・・。





おわり


人気ブログランキングへ
喫茶ワーテルロー、予告。
次回、ひろぼう(仮名・小5)が彼女を連れてきます。いずれ記事にしますので、乞うご期待!

風の町アズラン1815丁目
のどかな農村エリア6番地
喫茶ワーテルロー
  1. 2013/06/12(水) 02:37:25|
  2. 旅の思い出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

サーマリ爆走!珍走団

チームクエストを日々、メンバーたちと消化して過ごす毎日。

色々と難題を吹っかけてくるのが、決まって一番下の目標。


かいけつマスク入手! 0/2個

出たよ。ちなみに二回目、
しかも前回は達成出来ず期限切れという結末。

詳しくは前回記事を参照下さい☟
サムシング エロス


内容はサーマリ高原、つよ〜い魔物がひしめき合う中に 時たま沸く魔物セルゲイナスの転生魔物アスタロトのレアドロップである。

私は この目標ほど不毛なものはないと思っている。

基本的に狩り場では奪い合いだし、沸かない沸かない。

レベル上げがてら 消化しようにも、まわりの魔物も中々の強者揃いである。

沸くまでの間は何をするでなく、ぼんやり立ちっぱなし。
たまにドルボードで様子を見に行くと、もと居た場所に沸いていたり・・

こんなものはマトモな神経で できるワケがない!
私は心に決めた、グレてやろうと!

そこで私とガレキング氏の二人はあるテーマを決めて、サーマリ高原へ向かったのである。

それは・・

爆走!珍走団スタイルである。
チーム ユニフォーム1
まずは特攻服こと我がチームのユニフォームに着替えた。
チーム ユニフォーム2
背中には我がチームのエンブレム、紫色のバラを背負っているのだ。


私とガレキング氏はそれぞれ愛車(ドルボード)に跨り、爆音をかき鳴らしながら疾走する。

パラリラパラリラ〜

私・ワーテルロー
珍走団ワーテルロー
「おっと!ドスが切れそうだぜ!」
※ドスとは 言わずもがなドルセリンのことである。

ガレキング
珍走団ガレキング
「おれは満タンだぜ!」


そしてサーマリ高原の沸き場に到着した。
もちろんのこと、他にもセルゲイナスを狙う冒険者たちがうようよしている。


私はおもむろに しぐさ「バトルポーズ」をはじめた。
バトルポーズ
そして、こう叫んだ(パーティチャットで)
「喧嘩上等!」


すると、どうだ。他の冒険者がドルボードに乗り、他所に行ったではないか。


私・ワーテルロー
珍走団ワーテルロー
「へへへ・・」

「おれがちょっと威嚇したら」

「あいつら、ぶるって逃げちまいやがったぜ」



ガレキング
珍走団ガレキング
「ダサいやつらだぜ!」


当然の如く、このやり取りはパーティチャットにて、繰り広げられている。
これが義務教育を9年間受け、一度とてグレることのなかった私の精一杯のツッパリ具合だと言えよう。

そんなこんなで、気合の入った二人はセルゲイナスを狩るも、転生の"て"の字も出やしない。


我々が ぼんやりと立ちんぼしていると、ちょっと離れたところで別のパーティがセルゲイナスと戦闘している。

特に目についたのが、人間子ども女のツメを装備した冒険者の姿である。
※補足しておこう。人間子ども女がツメを装備すると、戦闘中に尻をこれでもか と、振り続けるのだ。

それを見た私が言う。

私・ワーテルロー
珍走団ワーテルロー
「へへへ・・・」

「見ろよ相棒!あんなに尻を振ってるぜ!」



ガレキング
珍走団ガレキング
「へへへ!振ってるぜ!」

これらの会話も もちろん、パーティチャットの内容である。


そうこうしている内にセルゲイナスとの戦闘に突入。
もちろんアスタロトは同伴されていない。
戦闘を逃した他パーティが我々のまわりに来ると・・

○○はワーテルローを応援した

私・ワーテルロー
珍走団ワーテルロー
「ありがとうございます!」




しばらく狩るも、相変わらず出ない。
まわりを見ると冒険者の数も大分、減ったようだ。

何故ならリアル世界の時間は夜と朝の狭間といったところ。

遂に我々は最終作戦に移る。
愛車(ドルボード)に跨り、勢いよく吹かすと(あくまでイメージである)
セルゲイナスに向かって突き進んだ。

そう・・
当て逃げである。

セルゲイナスに当たっては逃げ、当たっては逃げ、を繰り返す。
当て逃げ1

当て逃げ2
半時間ほど過ぎたが、
出ない・・・

転生の魔物は こうも出ないものなのか、
私の頭の中では前回 同目標の時の苦い思い出がふつふつと蘇っていた。


それがこれである。
苦い思い出
普段は丁寧な言葉使いを心掛けている私ですが、取り乱すと郷の言葉が出てしまう・・

ちなみに上記画像 一番下の吹き出しは訳すると、

「転生モンスター三匹と会ってます。とげこんぼうとムーンキメラ二匹を倒してますから!」

しばらくして、
ドス欠と共に この珍走団は音もなく崩壊したのであった。



ガレキング
珍走団ガレキング
「へへへ・・・」

「出ないぜ!」



人気ブログランキングへ
喫茶ワーテルロー店主は想う。
お母さん・・かいけつゾロリには、なれそうにないです。

風の町アズラン1815丁目
のどかな農村エリア6番地
喫茶ワーテルロー
  1. 2013/06/10(月) 12:02:14|
  2. クエスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ハードを越えた再会

おはようございます、ワーテルローです。

最初にまず、昔の話を・・

思えば、私がアストルティアに降り立つ数世代前に、
私はある辺境の惑星で大怪獣と戦っていたのでした。
追憶する三人
はちけん、ブランキ〜両氏も同じ戦場に立っていました。

構成する次元はニンテンドーDS。
世界の名前は『大怪獣バスターズパワード』。
某ロゴ


ここまで言えば、わかる人にはわかると思います。

私は最近、ここアストルティアにおいて、怪獣バスター時代に出会ったある好敵手と再会を果たしたのでした。


そう・・
Vロンと!
Vロン挑戦
戦闘後、図鑑の二ページ目を見て驚きました。
なんと幼生のVロンは緑色だけど、成体になると赤色になるのだそうです。

あの頃のVロンは緑色だったのです。
Vロンの過去
ハードを越えた再会を経て、
私もVロンも大人になったのでしょうか。

怪獣バスター時代の私はまだ青かった。

夏場、女の子から香ってくるエイトフォーの匂いを女の子 地の匂いだと勘違いしていたのです!

ああ!なんと青かったことか!

ふと、Vロンの方に目をやると、彼もまた海千山千を経た風格が見られます。
ハードを越えた再会
ただ一つ、彼がブレていないのは
Vジャンプが好きだっていうことさ!

再会をかわした私と彼に言葉は要りません。

あとは肉体同士のぶつかり合いを待つのみ!
戦いが始まりました。


はじめての戦いでは苦渋を舐めさせられたワケですが、

三度目の戦いでカラクリは解けた。

V字に大きく光った時に飛べばいい。

最初はフリーザ最終形態の前に完全に戦意を失ったベジータの如く、震え上がった私ですが、
対処の仕方
対処法が分かれば、問題ありません。

弱みのある敵にはめっぽう強い。それが私、ワーテルロー。

Vロン強も難なく撃破。

ほんとうは・・・
難があったんですけどね。
途中、Vロンが視界から消えてワープした時は度肝を抜かれました・・。まさか そんな能力が・・


それにしても興味が沸かない報酬が揃ったものだ・・・



落ちの着陸地点を完全に見失ってしまった今回の記事ですが、

ただ一言、Vロンのやつに言っておきたい。


Vロン!
Vジャンプばっかり読んでたら、
女の子にはモテないぜッ!
北方謙三スタイルよろしく
ホットドック プレスをオススメするよ!

では、また!


人気ブログランキングへ
喫茶ワーテルローは
北方謙三先生の言葉を借りて言わせてもらう。「童貞よ!ソープに行け」
絵師トリヤーマのガスマスク実装を熱望します。

風の町アズラン1815丁目
のどかな農村エリア6番地
喫茶ワーテルロー
  1. 2013/06/02(日) 05:06:07|
  2. ボス攻略
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。