DQX『喫茶ワーテルロー腹黒ブログ』

ドラクエXのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

九月の物見遊山(ランガーオ村)・破

初夢イベントも無事に達成されましたね。
そんな世間とは裏腹に頬杖ついて思い出めぐり。

おはようございます、ワーテルローです。
今回の記事は前回からの続きです。
前回記事を読んでいないという方は まずは序からお読み下さい。

その過去記事はコチラからどうぞ☟
九月の物見遊山(ランガーオ村)・序


さて、ランガーオ村の教会で一方的に仲間申請をしてきた
オーガ♂の ひろぼう(仮名)とパーティを組むことになった私。
邂逅 ランガーオ村・教会
※写真はイメージです。もちろん後日 撮ったものなので本人ではございません。

そして奴は すかさずにフレンド申請も申し込んで来た。私は受けた。

ひろぼう(仮名)のスペックを紹介しておこう

戦士、レベル2!以上
驚きの教会
今回記事はチャットの種類に合わせて、「」の色を変えていきます。

私は挨拶を済ませ、矢継ぎ早に 問うたのです。
以下がパーティチャットでのやり取り。

私・ワーテルロー
私・ワーテルロー
「さて、どうします?」


私の問いかけには一切に答えず

そこらへんにいる人の横に行っては止まり、
横に行っては止まりを繰り返す ひろぼう(仮名)

すると、


パンクス(仮名)が仲間になりました!


!?


こいつ、さっきから仲間申請ばかりやっていたのか!
(気づかなかった自分も相当なアホである。)

三人パーティになっても、パンクス(仮名)は離れており姿が見えない。
(一応、挨拶をしたら返事は返って来た。)
すると ひろぼう(仮名)は村の出口に向かい走り出した。


ひろぼう(仮名)
オーガ・男
「いこ」

と、一言 言った後に。

ランガーオ山地に出た ひろぼう(仮名)と私。
パンクス(仮名)はまだ村の中にいる。

そして、スライムとの戦闘になる。勝利後・・・


ひろぼう(仮名)
オーガ・男
「あがらない」


!?

私は思った。説明が必要だ。
ながーい説明が必要だと。

そして出来るだけ分かりやすいように
レベル上げについて、当時の効率の良い上げ方を語り、
勢いよくビッグハットを切り捨てたのであった!

特に強調したのが繰り返すこと。

すると・・・

ひろぼう(仮名)
オーガ・男
「OK!」


ひろぼう(仮名)
オーガ・男
「仲間さがしにいこ」

!?

見え見えの定型文で返事をされた後、自分の伝えたかったことは伝わらなかったのだと落胆。

村に戻ってしばらくすると
オーガ♀レベル4戦士のプリン(仮名)さんが仲間になった。
※プリン(仮名)さんの画像も本人のものではございません。

プリン(仮名)
オーガ・女
「よろしくお願いします」

私・ワーテルロー
私・ワーテルロー
「どうぞ、よろしく」


ひろぼう(仮名)は基本的に挨拶をしない。


そして再び村を出た我々[相変わらずパンクス(仮名)は姿を見せない]は
ランガーオ村から西にあるロンダの氷穴に向かうことになった。

プリン(仮名)さんの話によると
ここにボスがいるらしい

パーティにいるパンクス(仮名)が姿を見せないことに
プリン(仮名)さんも怪訝に思ったらしいが
途中でパンクス(仮名)が仲間を抜けたことにより
特に気にする必要もなくなったようだ。

それから戦闘をしつつ、時は流れる。彼はレベル3になっていた。

やがて三人でロンダの氷穴、奥に辿り着くと扉の前でひろぼう(仮名)が言った。

ひろぼう(仮名)
オーガ・男
「はいれない」


!?


そう、パーティリーダーである彼はイベントを済ませていなかったのだ。

村に戻ろうと氷穴の出口を目指す途中、
いきなり ひろぼう(仮名)がパーティを抜けた。
そしてログアウト。消えてしまったのだ。


!?


・・・・・・・・・・。

待ってみても音沙汰がない。

二人で挑むには心細かったので
とりあえず村に戻ることにした。

もうすぐ村に着くというところで

ひろぼう(仮名)
オーガ・男
「どこ?」

フレンドチャットが入ってきた。
一応、補足としてパーティチャットは組んでいるパーティ全員が見えるが、
フレンドチャットはフレンド登録をした相手個人に対して発信できるものである。


私・ワーテルロー
私・ワーテルロー
「ランガーオ村の近くです」

ひろぼう(仮名)
オーガ・男
「きて」

(ちなみに場所はログアウトした氷穴の中)

私はプリン(仮名)さんにチャットが入ったことを伝える。
すると、彼女はこう言った。

プリン(仮名)
オーガ・女
「任せます」

私たち二人はロンダの氷穴の入り口に向かった。
丁度、ひろぼう(仮名)も出口に着き
この数奇なパーティは再び結成された。


しかし、その崩壊もまた早かった。


再び宿に戻ったランガーオ村、
プリン(仮名)さんは武器を買いに行き、
宿から帰った自分は広場で座っていた。

ひろぼう(仮名)の姿が見えないな。と、思った矢先


チリンチリーン!けたたましく お知らせドラキーが吠える。

ひろぼう(仮名)がパーティを解散させました。


!?


どうしたのかフレンドチャット
ひろぼう(仮名)に確認しようとしたら

ひろぼう(仮名)が再びログアウト


ランガーオ村の広場では人々が その時 沢山いた。

プリン(仮名)さんとも はぐれてしまい、私はただ途方に暮れるだけだった。


つづく


人気ブログランキングへ
喫茶ワーテルロー、ネタになる思い出をサルベージ中。

風の町アズラン1815丁目
のどかな農村エリア4番地
喫茶ワーテルロー
スポンサーサイト
  1. 2013/01/18(金) 06:22:06|
  2. 旅の思い出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<曰く。レベル上げとは、 | ホーム | あゝ無常・いいね!の正しい使い方 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://azran1815.blog.fc2.com/tb.php/29-e4c47ec7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。