DQX『喫茶ワーテルロー腹黒ブログ』

ドラクエXのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

DQX迷作劇場 レ•ミゼラブル①

DQX世界迷作劇場
レ・ミゼラブル①
蔵書の山にて
この物語は とある書庫で私が見つけたものです。


第一章 『ジーガンフ』

時間というものは絶えず上から下に流れ続けている滝のようなもので、我々、人類の時間など その大いなる流れの中のほんの一雫にしか過ぎない。

この物語はその大滝の中の一雫、世界がアストルティアと呼ばれた時代。その一雫の中の更に小さな一粒大の出来事である。

人は運命という言葉を口にするが、おそらくこの出来事も運命なのだろう。

太陽の微笑みが辺りを照らし、空が悲しみの涙を流し、大地が怒りに揺れ震える間に 一体 幾人の人々が自らの時間を終え果てて行ったことだろう!

これは悲しみの序曲である!

運命とは、
初孫の笑顔に思わず釣られて笑ってしまう。そんな好々爺のように甘い一面もあれば、
綱を断ち切ったが最期、何人の説得にも耳を傾けず 罪人の頭と胴を離ればなれにしてしまう。そんなギロチン台のように残酷な一面も併せ持っているのだ。

さて、
前置きは ここまでにしておこう
これは その運命に弄ばれた二人、厳密には四人の男の物語である。

今、物語の本編に入る前に
運悪く命を落としてしまった二人の男を紹介しよう。

バルジャン
バルジャン
貧しかった彼は腹を空かせた家族のために一切れのパンを盗んだ。その罪で入獄、長い獄中生活は彼の心が荒むのを手伝ったが、出所後とある出会いにより彼が聖者となるキッカケとなったのだ。

現在、彼はある目的のために警察から逃れる生活の中、隠れて善行に従事する日々をおくっている。



ジャベール
ジャベール
アストルティア警察、警部。法の番人。アストルティア中の悪党が彼の目から逃れることにどれだけ躍起になっていることか!
そんな彼は元徒刑囚のバルジャンの逮捕に人生を捧げている。彼の前では目に見える善行よりも だだ徒刑囚で脱獄囚であるという事実がすべてなのだ。



この紹介した宿命の二人。
バルジャンは逃れ、ジャベールが追う。

その逃走劇の最終到達点こそがオーグリード大陸はランガーオ山地、ロンダの氷穴

神の悪戯か二人はそこで命を落とすことになる。

しかし、
物語はこれで終わりではなかった。

気まぐれか それとも運命か
神は更なる悪戯を続けるのであった。

彼等、二人のオーガが命を落とした同時刻、いやそれは時空を隔てたものだったのかもしれない

遥か遠い土地、エテーネの小島にて二人の人間の男が命を落とした。

名はバルジャンとジャベール

彼等もまた神の気まぐれか それとも慈悲か
一度、終止符を打った人生だったが、生き返えしの祝福を受けるようになる・・・

そう、
同じく命を落とした もう一組のバルジャンジャベールの身体を借りて!

追いつ追われつの宿命の二人、
オーガのバルジャンジャベールとしてアストルティアに生き返ったのだった。

バルジャンとしては、
目的に辿り着けぬままの中絶、

ジャベールとしても、
逮捕に至らなかった中絶、

おお!
神は そんな哀れな二人にもう一度、機会を与えようというのか!

オーガのバルジャンジャベールは、再びランガーオ村にて息を吹き返したのであった。


だが!

大いなる神よ!
あなたはどうお考えなのか!
どのような真意があったのか!
ここに一つの不幸があった。


それは・・・



彼等の身体を借りた二つの魂
エテーネ村のバルジャンとジャベールは


親友同士だったのである。
親友同士1
前の身体の持ち主の目的など知る由もない二人のオーガはここに蘇った。

じつに仲良く
協力して、ランガーオ村の事件を解決するのである。

彼等は偶然にも
村の英雄ジーガンフがロンダの氷穴、奥に封印されている悪鬼とつながっていることを発見する。

ジーガンフを呼ぶ1
おーい!ジーガンフ
出て来い!ジーガンフ〜!

ジーガンフを呼ぶ2
ジーガンフのアホ〜
寝取られデベソ〜


出てきました。
ジーガンフ
すっかり暗黒面に蝕まられたジーガンフ



その後、
二人はジーガンフの改心に成功し、一人前の証を村王から受け取るのであった。

おそらく この二人が元の身体の持ち主の達せられなかった目的を知り、運命の悪戯を憎むことになるのは、冥王を討伐したあとになるかもしれない・・・


親友同士2

親友同士3

つづく


人気ブログランキングへ
喫茶ワーテルロー店主は語る。
三番目の冒険の書 バルジャン
ジャベールはガレキング氏のサブキャラ。

風の町アズラン1815丁目
のどかな農村エリア6番地
喫茶ワーテルロー

ツイッターも どうぞ、よろしく
店主ワーテルロー / @azran1815
ボケたり都々逸したり怪談してます。
スポンサーサイト
  1. 2013/09/12(木) 03:00:28|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<悪魔が来りて笛を吹く | ホーム | 九月九日・冒険日誌イベント>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://azran1815.blog.fc2.com/tb.php/96-0fd25318
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。